メッセージ

はじめまして。立憲民主党の大野トモイと申します。
私は、学生時代から約20年間、会社勤めをしながら政治活動も続けてきました。

20代の会社員時代は、満員電車で通勤し夜遅くまで働いて、夕飯の準備をする体力もなく、なんとか気力を振り絞ってシャワーを浴びて寝る、そんな日々でした。民間企業人事部では、採用や研修にくわえ、育児や介護と仕事との両立をめざす社員のために仕組みを整えたり、育休中の社員と一緒にお子さんの保育園を探したこともあります。

そんななかで、私たちはみな、進学、就職、結婚、離婚、出産、育児、介護、働きすぎ、リストラへの不安、老いへの不安、食の安全への不安、自然災害、事件や事故、孤立感、排除や分断など、様々な悩みを抱えながらも、毎日必死で生きているのだと実感するようになりました。

私たちの様々な悩みと向き合い、想いに寄り添いながら、それらを少しずつでも減らし、日々の安心や小さな幸せを感じられる瞬間を取り戻せるような政治を実現したいと、願っています。

私が関心を抱いているテーマを「政策」に載せました。ぜひともご覧いただき、あなたのご意見やご要望をお寄せいただければ幸いです。

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。大野知意